過日古ーい友、谷端一平からE便が入った。
           自分流に推理小説を書いてみた、だらえもんサイトにUPしてはくれまいかと記されていた。
  リタイヤした元デカ長と若き女武術家がコンビを組み真実追及して行く、そんなストーリーになっていた。言い回しを始め誤字脱字多分は一平流なれど興味がわきましたら一読してみて下さい。   PDF
                         
夕陽は見ていた
                            谷端一平
                                                            
                                              BACK

後編

06
05
04
03
02
01

前編

06
05
04
03
02
01